デュアルレーザー構成

ユニバーサルレーザーシステムズから特許を受けたデュアルレーザー構成は、2つのレーザー発振器を搭載でき、
異なるアプローチが可能になります。それぞれのレーザーはレーザー内で結合されます。
以下にデュアルレーザー構成についてご説明いたします。


処理能力の拡大

分極は複数のレーザーを単一ビームにするため、ユニバーサルレーザーにより結合されます。
それによって、500Wまでパワーレンジを劇的に増やすことができます。
そのうえ、2つのレーザーを搭載してるシステムは、異なる出力レベルと波長のレーザーを結合することができます。

最大出力と共に、エネルギー送達の速度の両方が、それぞれのレーザーパワーレベルで異なるため、
この機能は様々な加工を行うのに非常に有利です。

木材を例に挙げますと、コントラストを強くするためには低出力に設定する必要があります。
高出力のレーザーを使用すれば、コントラストが弱くなります。
木材を加工する際、加工内容によって高・低を使い分けると便利です。
それぞれの異なる発振器を使用する利点についてはこちらをご覧ください。
Rapid Reconfiguration™

デュアルレーザー機能を搭載したシステムは通常の6倍の能力を持っています。
レーザー出力と波長の異なる組み合わせで、加工内容に最適な処理ソリューションを構成します。

ユニバーサルレーザーの柔軟性は、他メーカーよりも優れた機能です。
以下の表は、単一レーザーおよびデュアルレーザーシステム間のコンフィギュレーション・オプションの劇的な増加を表しています。

単一レーザーのパワーと波長
単一レーザー

デュアルレーザーのパワーと波長
デュアルレーザー

信頼性の向上

ユニバーサルレーザーは長年に渡り、高品質のレーザー発振器を製造しています。
しかし、レーザー発振器には寿命があります。
デュアルレーザーなら、レーザーを停止させることはありません。
片方のレーザー発振器の交換または修理が必要な場合でも、もう一つのレーザー発振器は動作し続けます。

システムパフォーマンスの向上

デュアルレーザーを持つユニバーサルのシステムにおいて、2つのビームはシステム内で組み合わさります。
これにより、システム性能を改善させ小型で軽量化が実現しました。

2つのレーザー発振器を搭載することにより、クロス変更を作成することができます。
幅広い切断加工に対応させることも可能になります。

その他のユニバーサル独自の機能を有効にします

デュアルレーザー構成はユニバーサルの独自の機能を最大限に活かします。
SuperSpeed、Multi-Wavelength、MultiWave Hybridテクノロジーなどです。
2つのレーザーを選択することができますのでラピッドコンフィギュレーションもさらに強化されます。

この技術を開発した理由は、ユーザーの能力、柔軟性と収益性を最大化させることが目標です。


レーザー加工機のご相談・資料請求・無料見積

ユー・イー・エスはレーザー加工機の販売実績は3,000社、ユニバーサルレーザーの販売台数世界1位です。レーザー加工機についてお気軽にご相談ください。

メールでの問い合わせは24時間受け付けています。
お電話は平日9時~18時まで受け付けています。
東日本:TEL0422-36-5111(東京本社)
西日本:TEL 06-6305-4551(大阪営業所)