紙・布のレーザー加工

レーザー加工は、カッティングプロッター以上の微細な切断が可能です。
カット、彫刻、穴あけ、ミシン、折り目、切り抜き、型抜きなどが可能です。
従来、紙や布を加工する場合、型が必要でしたが、レーザー加工なら不要です。小ロット多品種加工にも最適です。

紙のレーザー加工

用途は名刺、手紙(ダイレクトメール、挨拶状、案内状など)、ディスプレイ、パッケージ、シールなど様々です。 紙は材料費が安く、またデザイン次第で高級感を出すことも可能です。

布のレーザー加工

用途はアパレル、インテリア、バック、シューズ、小物など様々です。 布の切断部分は繊維同士の溶着で糸のほつれが目立たないため従来では難しかった加工も容易です。 デニム地などは、表面を弱く彫刻することで、白く変化させることも可能です。

切断彫刻
紙、布

紙・布の加工例

切断

紙の切断

作業時間 10:23
レーザー出力 25W
レーザー照射密度 DPI:1000 PPI:500
彫刻

デニムのマーキング

作業時間 04:55
レーザー出力 10W
レーザー照射密度 DPI:500 PPI:300
切断

化繊の裁断

作業時間 01:46
レーザー出力 25W
レーザー照射密度 DPI:1000 PPI:500

紙の切断

レーザーは紙への切断に最適です。
様々な厚みや、マット用紙や、名刺、コート紙など用紙別にも
対応できます。 サンプル画像のようにカットした紙を組み合わせてポップデザインを作成します。
手作業では難しい内側にも簡単にカットができ、滑らかなカーブや細かな加工も可能です。


レーザー加工機のご相談・資料請求・無料見積

ユー・イー・エスはレーザー加工機の販売実績は3,000社、ユニバーサルレーザーの販売台数世界1位です。レーザー加工機についてお気軽にご相談ください。

メールでの問い合わせは24時間受け付けています。
お電話は平日9時~18時まで受け付けています。
東日本:TEL0422-36-5111(東京本社)
西日本:TEL 06-6305-4551(大阪営業所)