金属のマーキング

レーザー加工サンプルをご紹介します。素材の質によりパワー・スピードを設定する必要があります。
加工の種類も素材によって出来る物と出来ないものがあります。これからレーザー加工を始める方は是非ご参考になさってください。

金属表面へのマーキングが可能

彫刻や切断はできませんが、金属表面へのマーキングが可能です。
アクセサリーや工具への名入れ、プレート銘板などにご利用いただいています。 アルマイト金属のような、塗装や表面処理された金属には、比較的強いコントラストのついたマーキングを施すことが可能です。

マーキング

金属マーキングの加工例

マーキング

カードケースにマーキング

作業時間 2:49
レーザー出力 25W
レーザー照射密度 DPI:500 PPI:500
マーキング

アルマイトのマーキング

作業時間 00:46
レーザー出力 25W
レーザー照射密度 DPI:1000 PPI:1000
マーキング

ステンレスのマーキング

作業時間 02:57
レーザー出力 30W(HPDFO)
レーザー照射密度 DPI:1000 PPI:1000

金属にマーキング

こちらは、ゴルフクラブにレーザーマーキングをしました。

ほとんどの金属の表面にレーザーマーキングができます。レーザーで多少黒い後が残りますが、クリーナーや溶剤の影響を受けることはありません。

ゴルフクラブ

→ 製品に関するお問い合わせ、資料請求。
→ レーザー加工請負サービスを行っております。