レーザー加工の魅力

レーザー加工は、彫刻・切断・マーキングのすべて行えることが魅力です。
仕上がりが綺麗なことも人気の1つです。

レーザーによる彫刻

レーザーを用いた彫刻加工は、とても一般的で主にプラスチックなどの樹脂や木製品・ゴム(ゴム印)などの加工に多く利用されています。材料ごとにレーザーの出力や解像度・レーザーの照射時間に変え、彫刻の深さなどを自在に変えることが可能です。
また溶けやすい材料や燃えやすい材料(紙)などの彫刻も可能です。

レーザー出力

装填されたレーザー発振器の出力を1パーセント単位で可変・調整することが可能です。
例えば、25ワットのレーザー発振器が搭載されていて50%という設定にした場合、レーザー出力は12.5ワットになります。

スピード

レーザーは発振器で生成され、反射鏡を経由して終端にあるフォーカスキャリッジに取り付けられている集光レンズで収束され、その後に材料へ照射されます。このフォーカスキャリッジがX-Y軸上で自在に動くことにより広範囲にわたってレーザー照射することができます。
この際のフォーカスキャリッジの移動速度を1パーセント単位で可変することが出来ます。
これによりレーザーの照射時間を変えることが出来、長く照射した箇所はより深く、短く照射した場合は浅く彫刻することが出来ます。

解像度

印刷や映像の世界において、絵柄や写真などを表現するとき解像度という表現を使いますが、レーザー加工機の場合も解像度という表現を使います。
レーザー加工機の場合はプロッター機構の駆動解像度を表します。
それらはDPI(dot.par.inch)、PPI(pulse.par.inch)といい単位時間における1インチあたりのレーザーのパルス数と1インチあたりのドット数になります。

レーザーによる切断

レーザーを用いた切断加工は、レーザーの大きな能力のひとつです。
炭酸ガスレーザーでの一般的な切断用途は金属の切断ですが、レーザー加工機の場合、レーザー出力が数キロワット(数千ワット)の工業用高出力レーザーです。ユニバーサルレーザーの炭酸ガスレーザーは汎用の低出力レーザー(10ワット~150ワット)ですから、対象になる主な材料はプラスチックなどの樹脂や木製品・ゴムなどになります。

彫刻と同様に、素材ごとにレーザーの出力や解像度・レーザーの照射時間を変え、切断の深さなどを自在に変えることが可能です。
また燃えやすい材料(紙)などの切断も可能です。特殊な用途では2層に重なる非常に薄いフィルム状の材料において、表層のみ切断するといった使い方も可能です。
25ワットレーザーで10mm程度のアクリル板を一回のレーザー照射で切断することも可能です。

レーザー出力

装填されたレーザー発振器の出力を0.1パーセント単位で可変・調整することが可能です。
例えば、25ワットのレーザー発振器が搭載された環境で50%の出力という設定にした場合、レーザー出力は12.5ワットになります。

スピード

レーザーは、レーザー発振器で生成され、反射鏡を経由して終端にあるフォーカスキャリッジに取り付けられている集光レンズで収束され、その後材料へ照射されます。このフォーカスキャリッジがX-Y軸上で自在に動くことにより広範囲にわたって照射することができます。 フォーカスキャリッジの移動速度を0.1パーセント単位で可変することが可能です。レーザーの照射時間を変えることにより、長く照射した箇所はより深く、短く照射した場合は浅く切断することができます。

解像度

印刷や映像の世界において、絵柄や写真などを表現する場合、解像度という表現を使います。レーザー加工機の場合も同様に解像度という表現を使い、プロッター機構の駆動解像度を表します。
駆動解像度をDPI(dot.par.inch)、PPI(pulse.par.inch) といい、単位時間における1インチあたりのレーザーのパルス数と1インチあたりのドット数を表しています。

レーザーによるマーキング

レーザーを用いたマーキングは、レーザーの特徴的な能力のひとつです。マーキングといっても厳密にいうと極浅の彫刻もしくは熱による素材の変色ということになります。

素材の種類によっては、切断・彫刻以上に応用範囲が広がります。低出力レーザーでは深い彫刻や切断はできませんが、極浅の切削なら可能である素材が多いためです。
(例:ガラス・石版・セラミック・金属など)

最近では塗料を利用した一般的な印刷に対し、上位の加工方法として注目を浴びてきています。塗料の場合には剥げる、薄くなる・変色するなど種々な耐久性における問題が想定されますが、レーザーの場合は素材自体を変色・切削するため、素材自体が崩壊しない限り半永久的にその加工状態を維持できるからです。

レーザー出力

装填されたレーザー発振器の出力を0.1パーセント単位で可変・調整することが可能です。
例えば、25ワットのレーザー発振器が搭載されていて50%という設定にした場合、レーザー出力は12.5ワットになります。

スピード

レーザーでのマーキングの場合、大きな出力を必要としないため、切断や彫刻に比べると非常に高遠な加工を実現できます。加工速度は駆動モーターの能力に左右され、より高遠なモーターを搭載しているほうが有利になります。(標準モデルで1905mm/秒)

解像度

印刷や映像の世界において、絵柄や写真などを表現する場合、解像度という表現を使います。レーザー加工機の場合も同様に解像度という表現を使い、プロッター機構の駆動解像度を表します。 駆動解像度をDPI(dot.par.inch)、PPI(pulse.par.inch) といい、単位時間における1インチあたりのレーザーのパルス数と1インチあたりのドット数を表しています。

レーザー加工機の資料請求・お問い合わせ・無料相談

ユー・イー・エスのレーザー加工機販売実績は3,000社です。
レーザー加工機についてお気軽にご相談ください。

メールは24時間受け付けています。
お電話は平日9時~18時まで受け付けています。
東日本:TEL0422-36-5111(東京本社)
西日本:TEL 06-6305-4551(大阪営業所)